パンを買いに行く自分のこと

金曜日には決まって駅前まで行ってパンを買います。
某百貨店が駅前にあるのです。
多少贅沢だとは思われるのですが、旦那がそこに売られているパンが好きなので買っています。
まったく、貧乏人にはあるまじきことです。
バス代を浮かせるために徒歩50分ほどかけて毎回歩いています。
私が住んでいる地域は車社会という感じのところで若い女の子も主婦もオバさんも、みんな車に乗っています。
本当に素晴らしい限りです。
一応免許は持っているけれども運動神経の無さが災いして乗れない、という自分の身の上が今更ながらとても切ないです。
車を持っている人の多くがおそらく私よりも裕福だと思われ、外車に乗っておられる方たちも多いです。
そんななか、歩いてパンを買いに行きます。
まあ、歩くのは決して嫌いではないですしね。